先日工場にて、ユーズドのテレビボードをリメイクしました。
リメイクした部分は、天板と扉。
 
 

もともとは白い塗装が施されていた2枚の扉。
よく見ると、表面に少しひび割れが生じていました。
 
 

その表面にチェリー材の突板を貼り、さらに両サイドを少しカットしてチェリー無垢材を足しました。
 
 

扉の取っ手は、チェリー無垢材の表面を円形に削って製作。
まるく浅くくぼんだ取っ手部分は、なめらかで気持ちのよい手ざわりです。
 
 

また両サイドに取っ手があることで、開け閉めがしやすくなっています。
 
 

うっすらと輪ジミがあった天板には、上からチーク材の突板を貼りました。
 
 

その天板のチーク材の色にあわせて扉のチェリー材突板にラッカー塗装を施し、全体的なトーンが統一するよう仕上げました。
 
 
チェリー材特有の流れるような木目が美しい一台に生まれ変わったテレビボードは、
finger marks店頭及びオンラインショップで販売中です。
気になる方はぜひチェックしてくださいね!

[USED/REMAKE] チェリー扉のテレビボード
¥80,000+tax
 
 
おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net

家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net