修理のご依頼をいただく中で、圧倒的に件数が多いのが「椅子」です。
ダイニングチェア、スツール、ベンチ、デスクチェア、ロッキングチェア・・・
種類豊富であることもさることながら、一家庭に複数脚ある椅子。
毎日座ったり触れたりするので、必然的に傷みも生じやすいのです。

今回はそんな「椅子」の、最近の修理やリメイク事例をまとめてみました。
座面を張り替えたり、ぐらつきを直したり、塗装を施したり。
椅子の症状によって施す治療はさまざまですが、どの椅子も見違えるほどきれいな姿に生まれ変わるのは同じ。
きちんと手直しをすれば、捨てることなく、使い続けられるのですね!
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
へたりが見られたクラシカルなアームチェアの座面を張り替えました。
中身のバネとウレタンも新しいものに交換して、座り心地も一新です。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
スツールを一度解体・組み直してぐらつきを直し、座面を張り替えました。
金色の鋲でぐるりと留めた「連鋲仕上げ」がかっこいい一脚に。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
スウェーデンデザイナーによるイージーチェア。
曲げ加工が施された背もたれ部分の木の浮きを接着補修し、アーム取付部分に生じていた割れも補修しました。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
ご一緒に塗り替えのご依頼をいただいたダイニングテーブルの色に合わせて、少し濃いめの色に塗装しました。
こんなふうに、ダイニングセットでご依頼いただくケースもよくあります。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
破れやへたりが見られたアームチェアの座面を、新しく張り替えました。
新品の椅子と言われてもわからないほどきれいになりました。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
Arne Jacobsen(アルネ・ヤコブセン)デザインの 「Oxford Chair」を張り替えました。
雰囲気を変えたくない場合は、同系色の色で張り替えられるのも良いかもしれません。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
背もたれ上部のひび割れ箇所を圧着して、部分的に塗装補修しました。
塗装職人マジック!
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
背もたれ・座面ともに上品な雰囲気の白い生地で張り替えました。
白い生地は、とくに真新しい感じがして気持ちがよいですね。
 
 
椅子の修理リメイク張り替え事例
汚れの見られたベンチの生地を、さわやかなブルーの生地に張り替えました。ウレタンも交換済みです。
柄ものから無地の生地に張り替えたことで、がらりと雰囲気が変わりました。
 
 
お使いの椅子の不具合でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談くださいね。
椅子の修理・リメイク事例一覧はこちら>>>家具修理とリメイクの記録 / 「椅子」編
 
 
家具の修理・リメイクなら
「家具クリニック」
http://kaguclinic.net

おしゃれで上質なオリジナル家具やオーダー家具なら
「finger marks」
http://fingermarks.net