家具修理の現場を見慣れているはずのわたしたちスタッフでさえ、
思わずみとれてしまうような修理があります。

それは、割れたり欠けたりした家具の木部の補修。
 
 
天板つぶれ傷修理
こちらは、天板の角がつぶれてしまったスピーカー。
 
 
天板つぶれ傷修理
結構な力でぶつけてしまったのでしょうか、つぶれた箇所の厚みが増してしまっています。
 
 
天板つぶれ傷修理
こちらが修理後。
 
 
天板つぶれ傷修理
割れた木の隙間にシャバシャバの接着剤を流し入れ、クランプを使ってぎゅーっと圧着させたものの、
厚みがじゅうぶんに薄くならなかったため、
指で手ざわりを確認しながら、違和感がなくなるまでペーパーで削ったそうです。
その後、周囲の色に合わせて着色し、小筆で木目を描いて完成。
 
 
テーブル天板割れ修理
こちらは、ボルト穴付近の突板が割れてめくれてしまったテーブル脚。
左から右へ、修理前→修理中→修理後。
 
 
テーブル天板割れ修理
側面から見たところ。
上から下へ、修理前→修理中→修理後。

木材が欠損している箇所にはパテを埋めて形を平らに整え、
周囲の色に合わせて着色し、小筆で木目を描いて完成です。
 
 
テーブル塗装
こちらのテーブル天板は、表面の塗装の剥がれ、色むらが生じています。
 
 
テーブル塗装
左半分が、表面の塗装を剥がしたところ。
「サンダ」という研磨用の電動工具を使い、きれいな木肌が出てくるまで表面を削ります。

ちなみに今まで「サンダー」だと思っていたのですが、JIS規格における用語としては「サンダ」なのだそうです。
プチ情報!
 
 
テーブル塗装
塗装後。見違えるほどの姿に生まれ変わりました。
仕上げの風合いは、つやつやにも、マットにも、ウレタンコーティングでもオイル仕上げでも、
お客さまのご要望に合わせてアレンジが可能です。
 
 
椅子脚折れ修理
最後はこちらの椅子。片側の後ろ脚が折れてしまっています。
 
 
椅子脚折れ修理

椅子脚折れ修理
完全に折れてしまっているため、接着することができたとしても、強度が心配です。
 
 
椅子脚折れ修理
そこで、ブナ材で脚を新しくお作りしました。
こちらは塗装前。
写真上の折れた脚を参考に、サイズも形状も忠実に再現します。
 
 
椅子脚折れ修理
塗装後。元の脚の色に合わせて着色しました。
 
 
椅子脚折れ修理
しっかりと組み直して完成です!
 
 
あんな傷みや、こんな不具合を、すべてなかったことのように直してしまう姿は、
まるで手品を見ているようです。
きっと、ひとつとして同じ修理内容がないところが、家具修理の面白いところなのだと思います。
 
 
京都の家具修理フィンガーマークス
職人にとっては、毎回「これはどうやって直そう?」と頭をひねるところからはじまる、家具修理の仕事。
今日も工場では、元気になって戻ってくる家具を心待ちにされているお客さまの姿を想像しながら、
職人たちが家具に向き合っています。