「費用はなるべく抑えたいけど、なかなか気に入る家具がなくて。」
カフェや飲食店のオーナー様からよくご相談いただく、このお悩み。

お店は家と違い、家具の数を揃えなければならない分、
ひとつひとつの価格はできるだけ抑えたいもの。
でもその反面、脇役である家具にもこだわりたいというオーナー様が、たくさんいらっしゃいます。
脇役とはいえ、家具はお店の世界観をつくり上げるための重要なアイテムであり、
お客さまが直接触れるものですから、その気持ち、すごくよくわかります。

近年、低価格でおしゃれな家具がうんと増えましたが、
量産品であるがゆえ、「いいねんけど、、ここがもうちょっとこうやったら最高やのに!」
なんてことがよくあります。

そこで『低価格の家具を、職人がリメイクすればいいのだ!』と立ち上がったのが、
我らが代表・矢野と、
「家具作れる、家具直せる、家具リメイクできる」の3拍子揃った職人軍団。

そんなこんなで第1弾・第2弾に続き、「リメイクすればいいのだ企画」第3弾が完成しました!
リメイクしたのは、
大手家具メーカー・東谷さんの木フレームの2Pソファ(¥96,000+tax)。


リメイク前のものがこちら。
木フレームに取り外し可能な布張りのクッションの、落ち着いた雰囲気のローソファです。

全体的に茶系のワントーンなので、クッション生地はがらりと雰囲気を変えてみよう。
フレーム、クッションともに四角い中に、まるいフォルムのものを加えると、動きが出て面白いかも・・・
 
 

悩んだ末、前回に引き続きリメイクデザインを担当した木工職人・ヒカワが考案したのが、
肘置きにもテーブルにもなる、「お盆」。
 
 


安っぽくならないよう、厚みのあるオーク無垢材をまるく削り、縁のあるデザインに。
 
 


こうして出来上がった「お盆(商品ページではかっこよく「ミニプレート」と呼んでいます)」は、
「Lアングル」という金具で、左右どちら側にも取り付けが可能。
 
 

そしてクッションは、女性椅子張り職人・宮本がセレクトした明るいイエローとグレーのバイカラーに。
コットン×リネンのくったりとした上質な生地で、より一層気持ちのよい座り心地に。
 
 

ちょこんと付いたまるいお盆がアクセントになった、遊び心抜群のソファになりました!
 
 
こんな感じで、工場では忙しい合間を縫って、リメイク企画が次々と進行中です。
なるべく低価格で、それでいてフィンガーの手仕事ゆえのこだわりや
職人のセンスがキラリと光るものを作っていきたいと思いますので、
第4弾もどうぞお楽しみに!
 
 
[NEW×REMAKE] pon sofa(2P)
¥153,000+tax
商品ページはこちら>>>
 
 
「低価格の家具を、職人がリメイクすればいいのだ!」
企画ページはこちら>>>