1960年代に誕生したカリモクを代表する定番家具「Kチェア」の1シーターを、
工場にてリメイクしました。

現在販売されているカリモク60のKチェアと比較すると、こちらのオールドカリモクは、
わずかながらアーム部分が平坦な印象でした。

そのアーム部分をシャープなラインにカットし、アームが椅子のアクセントになるよう、リメイクすることに。
 

左右対称になるように、カットするラインを引き、
 
 

ラインに沿ってカットします。
 
 

こうして見ると、かなり大胆にカットしています!
 
 

カット後は、有機的なラインになるようにきれいに整え、
 
 

木工部門で成形が終わったら、塗装部門へバトンタッチ。
この時点では、まるで鰹節みたいなアーム。

そんなアーム部分の塗装はいったんすべて剥がし、再塗装します。
いっぽうフレームは、アームとは異なる深めのブラウンで塗装し、ツートンカラーに仕上げました。

平行して、椅子張り部門では、背もたれと座面のクッション生地を張り替え。
ウレタンも新しいものに入れ替え、新品同様の座り心地に。
ぐるりと縁どられたレザーのパイピングがポイントです。
 
 

先端に向かってシュッと引き締まったラインを描くアーム。
普遍的なデザインの中に、気高さのようなものが感じられる一脚に生まれ変わりました。

在庫品一脚限り。店頭・webにて販売中です。
[USED/REMAKE]カリモク Kチェア ¥58,000+tax