京都家具フィンガーマークス真鍮プレート
倉庫に響く、コーン!コーン!という大きな音。
スタッフ・上田が、真鍮プレートに製造ナンバーを刻印しているところでした。
 
 
京都家具フィンガーマークス真鍮プレート
finger marksではオリジナルチェアやオリジナルテーブルが完成すると、
チェアなら木フレームの内側、テーブルなら天板の裏に、この真鍮プレートを取り付けます。
 
 
京都家具フィンガーマークス真鍮プレート
これは、わたしたちがその家具を責任を持ってお作りしたことの証。
また、将来お引越しなどでその家具を手放す必要が出てきた時に、
こちらでお引き取りさせていただけるサービスの保証プレートにもなります。
 
 
京都家具フィンガーマークス真鍮プレート
チェアのモデルを表すアルファベットと、製造ナンバーを表す数字。
刻印する場所がずれてしまわないようにと、木工職人・ヒカワが作ってくれた治具が役立っています。
 
 
時とともに色あいが変化する真鍮。
一枚の小さなプレートが、大切な家具の歴史をそっと見守ります。