家具修理とリメイクの記録

京都家具店フィンガーマークス家具クリニックの修理リメイク事例

フィンガーマークスでは、オリジナル家具の製作とともに、家具の修理やリメイクも行っています。
新品の家具を作るのも、お客さまからお預かりした家具を修理するのも、同じ職人です。

わたしたちはもともと、ユーズド家具の販売からスタートしました。
幾度となく修繕されながら使われてきた古い家具を、またわたしたちの手で大切に直し、次の持ち主へとバトンする。
そんなことをしているうちに、「うちの椅子も直してくれへん?」と、少しずつ家具修理やリメイクのご依頼をいただくようになり、いつのまにか工房は修理を待つ年季の入った家具で溢れるようになりました。

持ち主が変わっても、時代を越えても、何度も生まれ変わりながらひとつの家具がぐるぐるめぐるようすを目の当たりにする中で、感じたこと。
それは、わたしたち自身もまた、「使い捨てられない家具を作りたい」ということでした。

そんなわけで、わたしたちは今日も、家具を作り、家具を修理しています。
これから少しずつ、わたしたちのものづくりの原点でもある「家具修理」の事例を、ご紹介していきたいと思います。