デンマーク製椅子張地のご紹介

デンマーク製椅子生地
椅子張り職人・宮本が「オリジナルチェアにこの生地を張りたい!」と見つけてきた、
デンマーク製の椅子張地。
このたびfinger marksでもお取り扱いができるようになり、さっそく2脚、張ってみました!
 
 
デンマーク製椅子生地
journey-full/メープル×ウォールナット に張ったのは、
デンマーク・ケアロップヴァヴェリエ社(Kjellerup Vaveri)製のストライプ柄の生地。

デンマークの小さな街で1950年から生地を作り続けているケアロップヴァヴェリエ社の椅子生地は、
カール・ハンセンやPPモブラー、フリッツ・ハンセンなどの名だたる家具メーカーの椅子の張地としても選ばれているもの。
 
 
デンマーク製椅子生地
こちらの「Zivago」は、ブラウンとグレーの中間のようなベースカラーと、太めのストライブ柄とのコントラストが美しい生地。
 
 
デンマーク製椅子生地
こちらの「Sara」は、北欧らしいやわらかなグレー地に、少しかすれたようなチョークストライプ柄の生地。

どちらも寒いデンマークらしく、ウール85%・コットン15%ですが、
ウールは湿吸湿能力が大きいため、夏場は汗をかいた時のべとつき感が少なく、
冬場は冷たさを感じさせない優れものです。
 
 
デンマーク製椅子生地
そして、journey-half/ビーチ×チェリー に張ったのは、
同じくデンマーク・デニッシュアートウィーヴィング社(Danish Art Weaving)製の、こちらもストライプ柄の生地。

高級家具用生地を製作し続け50年以上の歴史を誇るデニッシュアートウィーヴィング社の椅子生地は、
デンマーク伝統の織物「olmerdug」(オルマドゥーグ)をベースにしたもの。
 
 
デンマーク製椅子生地
デンマーク製椅子生地
こちらの「Urd stripe」は、ネイビー(上)とライトブルー(下)地に、太さの異なるストライプのラインが楽しい生地。
少しくすんだデニムのような色あいは、どの樹種とも相性がばっちりです。
 
 
デンマーク製椅子生地
デンマーク製椅子生地
こちらの「Urd plain」は、無地バージョン。

いずれもウール74%・ポリエステル17%・コットン9%で、
ポリエステルが少し入っている分、さらりとした手ざわりです。
 
 
どちらの生地製造メーカーも、第二次世界大戦後、材料の織糸の入手が困難を極めた時代に、
ほうぼうを駆けずりまわり、家の片隅で織物を作り出したところからはじまった歴史があるそう。
それから約半世紀、手織りから機械化へと変遷を遂げながらも、なお伝統と品質とデザインを守り続ける作り手の想いは、
美しい織りの表情にあらわれているように思います。


こちらでご紹介したデンマーク製椅子張地は、
以下のすべてのオリジナルチェアでお選びいただけます。
価格等の詳細は各チェアのページにてご確認くださいませ。