case.06/H様邸

京都家具フィンガーマークス納品事例

家族でつくる家

ダイニングチェア4脚をお届けにお伺いしたのは、今年の春のこと。
京都市内から車で約1時間。
自然豊かな滋賀県栗東市にお住まいのHさまのお宅は、
今ではちょっとめずらしい、平屋の一軒家でした。

 

京都家具フィンガーマークス納品事例

 

  • 平屋との出会い


    ずっと平屋に住みたかったというHさまご夫妻。
    お勤め先の近くで出会った平屋の物件を、大工さんである奥さまのお父さまがリノベーションされたそうです。
    「遠慮なく色々とこだわりを言えてよかったです」とおっしゃる通り、窓がたっぷりと配置された開放的な空間には、機能的でシンプルなキッチン、木のぬくもりたっぷりのダイニング、ロースタイルで寛げるリビングが広がります。
    縁側のガラス越しに目に飛び込んでくるのは、リビングと地続きになったかのような、緑豊かなお庭。前にお住まいだった方が植物がお好きだったようで、元気いっぱいに生い茂るさまは、まるで小さな森のようです。

  • 京都家具フィンガーマークス納品事例
京都家具フィンガーマークス納品事例 京都家具フィンガーマークス納品事例

 

    • デザインも樹種も張地も、すべて違う椅子


      今年2月にリノベーションが完成し、新しい生活がスタートした4人家族のHさま一家。そのお住まいに最後に仲間入りさせていただいたのが、フィンガーマークスでご購入いただいたダイニングチェア4脚です。
      6〜7年前、グリーンのソファをご購入いただいたのが、ご縁のはじまり。今回も二条高倉のショップまで足を運んでくださり、座り心地や木の違い、手ざわりなどを比べながら最終的にセレクトされたのは、デザインも樹種も張地もすべてばらばらの4脚でした。一脚一脚異なる表情をしているのに、どの椅子もおうちの雰囲気にぴったりと馴染むセンス、さすがです!
      ご夫妻それぞれの好みのデザインや、お子さまのお好きな色などを組み合わせながら選んだ4脚は、「特にどの椅子が誰のもの、というわけではない」のだそう。みんなそれぞれ、どこに座ってもいい。そんなのびのびとした雰囲気が、風通しの良さそうなお住まいとよく似ています。

    • 京都家具フィンガーマークス納品事例
京都家具フィンガーマークス納品事例 京都家具フィンガーマークス納品事例

 

  • 個性が共存する家


    チェアの張地や洗面所の壁にも使われているラベンダー色は、お姉ちゃんの好きな色なのだそう。そんな彼女が縁側でゆらゆら揺られているのは、蚤の市で見つけたという竹製の子ども用ロッキングチェア。
    リビングの壁の一部は、落書きし放題の黒板ペイント仕上げ。キッチンカウンターの端はショーケースのようになっていて、可愛らしい箸置きが並んでいます。
    他にもそこかしこに、思わずわくわくする仕掛けがいっぱい。
    家族みんなが好きなもの、愛着があるものが、古い、新しいを問わずに心地よく共存するおうちは、昔ながらの日本家屋が持つ穏やかさと自然の恵みに満ちた、とても素敵な空間でした!

  • 京都家具フィンガーマークス納品事例
京都家具フィンガーマークス納品事例 京都家具フィンガーマークス納品事例

 

京都フィンガーマークスの家具納品事例

 

家具修理リメイクなら京都の家具クリニック