case.05/京都・大山崎 CINQ pain様

京都インテリアfingermarks納品事例

美味しいものを食べる、幸せな時間

平日のお昼どき、「CINQ pain」は、
小さな子どもとパンを選ぶお母さんや、お昼休憩にランチを楽しむ女性、
車でやってきたご家族連れなどでひっきりなしに賑わっていました。
パン、焼き菓子、デリ、チーズ、シャルキュトリー、ワイン、ビール。
扉を開けばそこは、美味しいものがずらりと並んだワンダーランド。
「CINQ pain」は、訪れる人々をわくわくさせてくれるパン屋さんです。

 

USED 1Pダイニングソファ [リメイク済]

 

  • 長岡京から大山崎へ、スペースを広げて移転オープン


    ショーケースに並ぶのは、奥の厨房で宮本シェフが焼くパンや焼き菓子のほか、星付きレストランなどから届く本格的なデリや、産地や製法にこだわったチーズ、生ハムやサラミなどのシャルキュトリー、日本産のワインやビール、コーヒーや紅茶など、パンと一緒に楽しめる美味しいものがたくさん。
    大阪の人気ブーランジュリーで修行ののち、長岡京に「CINQ pain(サンク パン)」をオープンして5年半。地元の方のみならず、遠方からも「サンクさんのパン」を求めてお客さまが絶えないなか、”パンだけでなく、たくさんの方にそれぞれの時間をもっとお楽しみいただきたい”と、2016年3月、イートインスペースを新たに併設し移転オープンしたのが、大山崎のこちらのお店です。
    朝ごはんに、ランチに、手土産に、夜ごはんの一品に。真夜中から黙々とパンを焼きはじめる宮本シェフの挑戦は、これからも続きます。

  • サンクパンさん家具製作
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • 世界で一台。表情豊かなテーブル


    フィンガーマークスでこれまで何度かサンクさんのパンを出張販売させていただいたご縁もあり、大山崎への移転オープンが決まった際、イートインスペースに置くテーブルとチェアのご相談をいただきました。少しづつ出来上がっていく新しいお店にスタッフ・小笹が何度も足を運び、宮本シェフと打ち合わせを重ね、工房の職人と試行錯誤しながら出来上がったのが、こちらのテーブル。
    一本一本幅の異なるオークのラフ材を絶妙な手ざわりまで磨き並べた天板が特特徴的な、オリジナルテーブル「vine」。そのデザインをベースに、グレーの内装に合わせて、ビンテージ感のある明るめのブラウンで塗装しました。
    生き生きとした木のラインと、ラフな見た目とは対照的な、なめらかな手ざわり。どこまで削るか、どこまで角を取るか、どのくらい重ね塗りするか。全てが職人のセンスと腕に委ねられている分、一つとして同じテーブルが出来上がらないのも面白いところです。

  • 京都インテリアfingermarks納品事例
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • 作り手それぞれの顔が見える空間


    チェアは、オーク材のオリジナルチェア「pint-F」を、テーブルの色に合わせて着色。シンプルなデザインながら、無機質な雰囲気の内装に、細くしなやかな木のラインが美しく映えます。張地はグレーとネイビー。全体的に落ち着いたトーンのなか、窓からやわらかに降り注ぐ光のもと、味わい深いパンや色とりどりのデリが鮮やかに浮かび上がります。
    実は木のカトラリー置きと本革のコースターも、フィンガーの職人作。宮本シェフと相談しながら、端材を生かして制作させていただきました。
    マットな質感の黒い器類も、陶芸作家さんに頼んで作っていただいたものだそう。眺めて、触れて、食べて。テーブルに並ぶものそれぞれに手仕事のあとが感じられる、楽しい空間です。

  • 京都インテリアfingermarks納品事例
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • みんなが笑顔になるパン


    お店の外でお客さまをお出迎えする立て看板も、フィンガーで作らせていただきました。木工職人が看板を組み、塗装職人がシルバーやダークブラウンの塗料を何度も塗り重ね塗装し、その上にステンシルの手法で型抜きした文字をスプレーするのですが、その型作りがなんともアナログ!
    コピー用紙に印刷した文字を一つ一つカッターナイフで切り抜くという根気のいる作業の末、なんとか完成した思い出深い一台なのです。
    わたしたちがお伺いした日、お母さんとお会計を待つ間、わんわん泣いていた小さな男の子。お会計を終えお店のドアを開けた途端ぴたりと泣きやんだと思ったら、買ってもらったばかりの大きなパンにからだいっぱいでかぶりついていて、そのかわいらしい姿がとても印象的でした。
    美味しいものを食べる時間は、きっと幸せだと思います。みなさまもぜひ、「CINQ pain」でわくわくする出会いを!

  • サンクパンさん看板
サンクパンさん看板製作 京都インテリアfingermarks納品事例

CINQ pain [サンク パン]
京都府乙訓郡大山崎町字下植野小字宮脇114番9
075-874-4159
営業時間 8:00〜18:00 火曜定休

京都フィンガーマークスの家具納品事例

 

家具修理リメイクなら京都の家具クリニック