case.04/K様邸

京都インテリアfingermarks納品事例

一日の終わりに、落ち着く場所

昨年の夏、フィンガーマークスで椅子をご購入いただいたお客さまの新居にお邪魔しました。
陽の光がさんさんと降り注ぐ吹き抜けのリビングと、その奥に続くダイニング。
ご夫妻のこだわりが詰まった新しい空間の中心には、一日の終わりに自然とお二人が向き合える
“落ち着く場所”がありました。

 

京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • 制作途中のjourney-halfにひとめ惚れ


    新居でお使いになるためのダイニングチェアを探しに、フィンガーマークスにご来店いただいたのが、昨年の春。当時、まだショップには併設の工房があり、奥の木工場から出てきたのが、制作途中のjourney-halfでした。
    一週間後には完成、という段階のチェアを目の前に、ご主人さまがひとめ惚れ。ご自分用には出入りしやすいハーフアームを、そしてお客さま用には、恰幅の良い方でもゆったりとくつろいでいただけるようにと、別注でアームのないデザインをオーダーいただきました。
    アーム付きチェアの、斬新とも言える「アーム無し」オーダー。当時わたしたちも驚いたものですが、お揃いのデザインで二脚並んだ姿はとても格好よく、デザイナーや職人一同、お作りできて良かったと嬉しく思った瞬間でした。

  • 京都インテリアfingermarks納品事例
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • 空間を明るくしてくれるカラーリング


    いっぽう、奥さまがセレクトしたのは、工房にてバイカラーで新しく張り替えた、ユーズドの1Pダイニングソファ。からだを包み込んでくれるデザインに加え、肌ざわりのよい生地がなんとも気持ちのよい一脚です。
    やさしい雰囲気のイエローとグリーンに加え、ご主人さまセレクトのjourneyチェアには、鮮やかなレッドとブルーの張地。色とりどりのチェアが、落ち着いた木のカラーをベースにコーディネートされた内装に自然と溶け合い、ダイニングはまるで陽だまりのよう。お二人のリラックスした笑顔がよく似合う、ぬくもりたっぷりの空間でした。

  • 京都インテリアfingermarks納品事例
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

  • 一日の終わりは、ダイニングで


    小学校教諭のご主人さまは、夕食後にそのままダイニングで仕事をされることもしばしば。「ワークスペースもあるのですが、つい座り心地が良くてこっちで」とのこと。ダイニング横の飾り棚には、奥さまが飾られた、たくさんの写真。お友達、ご家族などのたくさんの笑顔に囲まれ、お二人で向かい合いながら過ごすひとときが落ち着くのだそうです。
    実はこのとき、奥さまが妊娠中にも関わらず、快くわたしたちを迎えてくださったお二人。今年いただいた年賀状にて、無事、女の子の赤ちゃんが誕生したことをお知らせくださいました!
    きっと、ますます明るく賑やかになったことと思います。お二人からはじまったダイニングが、いつの日も、ご家族全員の”落ち着く場所”でありますように!

  • 京都インテリアfingermarks納品事例
京都インテリアfingermarks納品事例 京都インテリアfingermarks納品事例

 

京都フィンガーマークスの家具納品事例

 

家具修理リメイクなら京都の家具クリニック