case.02/京都府木津川市・ristorante nakamoto様

リストランテナカモト様

緊張感をやさしくほどく、こまやかな工夫

イタリア・ニューヨーク・東京の名立たるレストランを経て2011年、
仲本シェフがかつてお父さまが食堂を切り盛りされていた場所にオープンした
完全予約制の人気のイタリアン、「リストランテ ナカモト」。
地元の方のみならず、わざわざ遠方から訪れるお客さまも多いその人気店には、
繊細で美しいお料理をリラックスして楽しめるこまやかな工夫がありました。

 

リストランテナカモト様でお使いの無垢テーブル

 

  • ひと皿ごとに、わくわく


    レストランに似つかわしくない”透明のパック”に詰められたみずみずしい葉野菜のひと皿は、「採れたてで届く野菜の力強さにはっとして、それを表現したくて」。
    その遊び心と繊細な彩りの美しさもさることながら、滋味あふれる葉野菜と下に隠されたチーズのソースとの相性も素晴らしく、思わず笑みがこぼれます。
    湯気の上がるオープンキッチンから、丁寧に選ばれ仕込まれた食材の数々が、最高の状態で目の前に。洗練された空間で楽しむ、驚きと感動に満ちた特別な時間。お客さまの心を惹きつけてやまないのも納得です。

  • 木津のリストランテナカモト様納品事例
リストランテナカモト様のサラダ リストランテナカモト様お料理

 

  • クロスから木のテーブルに変えた理由


    「なかなかイメージに合う木のテーブルがなくて、オープン当初は別のテーブルに真っ白なクロスをかけていました。白いクロスは店内が明るくなるし高級感があって素敵だったのですが、その反面お客様に緊張感を与えてしまう気がして。」
    わたしたちが仲本シェフと出会ったのはちょうどそんな時でした。無垢材でお作りさせていただいたテーブルは、「上質でぬくもりもあるので、変えてよかった」とのこと!
    最初はすべて高級感のあるウォールナット材の予定でしたが、「オーク材はワイン樽にも使われているんですよ」というスタッフの言葉に惹かれ、オーク材もミックスすることに。
    シックな印象の個室に溶け込む深みのあるウォールナット材の丸テーブルと、陽の光が降りそそぐ明るいテーブル席にぴったりのオーク材テーブル。からだに伝わるなめらかな木肌のぬくもりに、自然と緊張感もほどけてゆきます。

  • リストランテナカモト様へ納品のウォールナットテーブル
リストランテナカモト様の個室 リストランテナカモト様のオークテーブル

 

  • お客さまをもてなす、シェフの探究心


    この取材のあと、スタッフ・小笹と打ち合わせをはじめた仲本シェフ。お食事の最後に登場するデザートのプレートに木材を使えないかと、ご相談をいただいていたのです。
    シェフ手作りのアイスクリームのデザートは、ビジュアルも楽しいロリポップ仕立て。ひと口いただけば濃厚なフルーツソースと上質なクリームが絶妙に溶けあい、たちまち虜になってしまう驚きのひと品。そのデザートを飾るプレートです。
    「もっとラフな感じがいいかな」「形が揃っているより、ひとつひとつ違うほうが面白いかも」こんなやりとりを重ね、木工職人・秋葉がカットし磨き完成した何とも個性的なプレートを、先日無事納品させていただきました。
    最後の最後までお客さまを楽しませることをとことん追求する仲本シェフ。その姿は、同じものづくりに携わるわたしたちにとっても、とても刺激になるものでした!

  • リストランテナカモト様と打ち合わせ
リストランテナカモト様のデザートプレート リストランテナカモト仲本シェフ

ristorante nakamoto(リストランテ ナカモト)
京都府木津川市木津南垣外122-1
0774-26-5504

 

 

京都フィンガーマークスの家具納品事例

 

家具修理リメイクなら京都の家具クリニック