heso

京都の椅子張り職人が手作りしたスツール

heso

produced by Miyamoto (椅子張り職人)

おばあちゃんちにありそうな、懐かしい雰囲気のレトロなスツール。

たっぷりと厚みのある座面のクッションは、お尻に優しいこと間違いなし。

グリーンのモケット生地にさりげなく施されたキルティング縫製に、椅子張り職人の手仕事のあとを感じます。

真ん中に留めたくるみボタンを臍(へそ)と呼ぶところに、宮本のお茶目な一面がチラリ。

 

レトロな昭和風スツール

 

作った人=宮本に聞きました!

自作DIYスツールに関する5つのQ&A

 

Q1.モチーフにしたもの、参考にしたものはありますか?

A.昔ながらの町屋のおうちにあるようなイメージで作りました。

Q2.こだわりポイントは?

A.キルティング縫製し、ボタン締めをすることで座面に表情をつけました。

Q3.苦労したところは?

A.塗装です。教えてもらいながらでしたが、均一にきれいに塗るのが難しかったです。

Q4.作ってみた感想は?

A.作っていく段階で、初めに決めていたイメージから色々と仕様を変えたのですが、最終的にうまくまとまって良かったです。

Q5.お客さまにひとこと!

A.何色に塗るか、どんな布地を張るかでイメージががらっと変わるので、色々悩む時間もぜひ楽しんでください!

 

 

hesoができるまで

家具職人がスツール制作中

普段なら見ることのない、宮本がサンダーをあてるの図。脚の角を取り、心持ちなめらかにしています。

 

3本脚スツール

脚の上の部分、座った時に太ももに当たる角も、丸く落としていきます。

 

DIYでスツールをペイント

補修職人・岡野と一緒に、「この色!」という色を模索中。

 

スツールを塗装

刷毛で塗ると、刷毛目が出たりムラになったりしがち。下地の木目も活かしながら、工夫して塗っていきます。

 

 

 

フィンガーファクトリーのスツールプロジェクト一覧へ戻る