hazai stool

京都の木工職人が手作りした木製スツール

hazai stool

produced by Akiba (木工職人)

木工職人・アキバの渾身の一脚。

椅子制作の際に出た無垢材の端材を細かくカットし、

1ピースずつパズルのようにはめ込んで、寄木細工風に仕上げた座面が圧巻です。

まるで工芸品のようなたたずまいは、座るのをためらうほど。

 

無垢材の端材で作ったスツール

作った人=アキバに聞きました!

自作DIYスツールに関する5つのQ&A

 

Q1.モチーフにしたもの、参考にしたものはありますか?

A.モチーフにしたものはないが、普段の作業で出た端材を使いました。

Q2.こだわりポイントは?

A.3種類の木材を使った色のバランス、ピタッと感。

Q3.苦労したところは?

A.一つ一つ削り合わせるところ。

Q4.作ってみた感想は?

A.ただただ無心に。出来た時の喜びは大きい。楽しい。

Q5.お客さまにひとこと!

A.すべてを忘れて没頭してみませんか?

 

 

hazai stoolができるまで

無垢材の端材を使ってスツール作り

ビスケットのような大量の端材。座板の中心から組み合わせて並べていきます。

 

ウォールナットやチェリーやオークの無垢材を使用

直線ばかりでは面白くないということで、曲線もたくさん混ぜていますが、その分ぴたりと合わせるのに手間がかかります。

 

無垢材の端材を削って

隣り合う端材と端材が隙間なくぴたりと合うよう、削ります。

 

無垢材の端材をカットして

並び方を考え、微妙なズレをカットし、削り・・・をひたすら繰り返す。無心になれること間違いなしです!

 

 

フィンガーファクトリーのスツールプロジェクト一覧へ戻る