ぽこぽこスツール

パッチワークパフスツール

ぽこぽこスツール

produced by Uchida(webスタッフ)

手強い職人勢に対抗するため、インパクトで勝負した一脚。

手芸の「パッチワークパフ」という手法で作ったたこ焼き風クッションを座面にのせた、愉快なスツールです。

椅子張地のハギレを使った、エコな一面も。生地選びも楽しめる、DIYにぴったりのスツールです。

 

パッチワークパフクッションスツール

作った人=ウチダに聞きました!

自作DIYスツールに関する5つのQ&A

 

Q1.モチーフにしたもの、参考にしたものはありますか?

A.昔実家にあった、母お手製のパッチワークパフの座布団をモチーフに。

Q2.こだわりポイントは?

A.きのこっぽいフォルムにしたくて、ぽこぽこの下にもりっとしたボウズ張りを施したところ。

Q3.苦労したところは?

A.ぽこぽこクッションをボウズ張りした座面に手縫いで縫い付ける工程が、思いのほか時間がかかりました。
かんながけがものすごく力仕事で、その日の夜、腕が上がらなくなるほど疲れました。

Q4.作ってみた感想は?

A.初めてかんなをかけたり、椅子の座面を張ったりしてみて、ひとつひとつがとても繊細な仕事なんだなと実感しました。
でも作りたいものを作っている時間はとてもとても楽しかったです!

Q5.お客さまにひとこと!

A.おうちにあるハギレでもできますよ!
ご希望の方には簡単なレシピを差し上げますので、ぜひトライしてみてください!

 

 

ぽこぽこスツールができるまで

スツールの脚用木材をかんなで削る

山盛りのかんなくず。脚先に向かって細くするため、まずは角材の4面の下半分を、先端に向かって削っていきます。

 

京都のレンタル工房でスツール作り

脚先に向かうにつれまるくなるよう、角もかんなでごっそり落とします。
角材をこの角度で固定できるよう、木工職人・ヒカワがその場で作ってくれた治具に感動!

 

木材をDIY

かんなであらかた削ったあと、サンダーでさらにすべすべに磨きます。

 

スツールのクッションを手作り

左がボウズ張りで張った座面。右のぽこぽこクッションを、左の座面に縫い付ける前。

 

楽しいデザインのスツール

椅子張り職人・宮本が貸してくれた魚釣りの「鈎」のように曲がった針を使い、手縫いでぐるりと一周、縫い付けていきます。

 

 

フィンガーファクトリーのスツールプロジェクト一覧へ戻る