こくばんスツール

黒板塗料スツール

こくばんスツール

produced by Uchi(営業スタッフ)

チョークで描いた絵がそのままお尻にプリントされること間違いなしの、かわいらしい一脚。

お母さんは悩ましいかもしれませんが、きっとちびっ子は大喜びのはず!

チョークが入れられる小さな引き出し付きなのも、憎い演出です。

ぜひ、フィンガーファクトリーでお子さまと一緒にスツール作りを楽しんでみませんか?

 

キッズおしゃれスツール

作った人=内に聞きました!

自作DIYスツールに関する5つのQ&A

 

Q1.モチーフにしたもの、参考にしたものはありますか?

A.小学校の黒板です。

Q2.こだわりポイントは?

A.引き出しの曲線と脚のまるみ。小さいお子さまが使われるので、できる限り角を取り、怪我しないように心がけました。

Q3.苦労したところは?

A.引き出しをどのようにつけるか、です。

Q4.作ってみた感想は?

A.他の人と違うものを作ろうとした結果、脚をカットすることで、座ったり絵を描いたりできるスツールを思いつきました。面白いものになったと思います。

Q5.お客さまにひとこと!

A.絵を描いたあと座っちゃうと、お尻が汚れるので要注意。きちんとお掃除して座りましょう。
今回、スツールを作ってみて、自分で発想してものづくりの楽しさを改めて感じました。
スツールのデザインはお客さまの発想次第で何百通りも考えられると思います。
ぜひ、楽しみながら自分デザインのスツールを一緒に作りましょう。

 

 

こくばんスツールができるまで

小さな子ども用木製スツール

スツール制作で内が直面した難題、「引き出しをどうやって付けるか?」について、木工職人・ヒカワに相談中。

 

楽しい子どもスツール

引き出しのイメージ図。

 

ブラックボードペイントスツール

日中は家具クリニックの営業として外を飛びまわり、日が暮れれば、ファクトリーでスツール作り。

 

かわいいキッズスツール

塗装職人・フジハラ先生の指導のもと、黒板塗料を塗っていきます。

 

黒板ペイントで手作りするスツール

引き出しになる予定の小さな木箱の接着剤を固定中。嬉しそう!

 

 

フィンガーファクトリーのスツールプロジェクト一覧へ戻る