驚異の修理術で、若返り度120%

猛暑のせいで身も心もズタボロでしたが、
ようやく涼しさを感じられるようになってきた今日このごろ。

工場では、同じようにぐったりお疲れ状態のダイニングテーブルが、
木工職人と塗装職人の手により驚異の変身を遂げていました。
 
 
テーブル修理
お客さまから修理のご依頼をいただいた、こちらのダイニングテーブル。
 
 
食卓色ハゲ修理
塗装が剥げ、水が染みこんでしまったために表面の板の下にある芯材(おそらくMDF材)が膨らみ、
表面がボコボコになっていました。
 
 
食卓修理
表面を平らにするため研磨すると表に芯材が出てくるので、その上に新たに化粧合板を貼ります。
化粧合板は、オーク2.5mmのもの。
 
 
ダイニングテーブル天板修理
化粧合板をカットし、トリマーで外形に沿って10mmほど内側で成形します。
 
 
ダイニングテーブル剥げ
近くに寄るとこんな感じ。
 
 
その後、塗装職人にバトンタッチし、
セットのダイニングチェアの色ツヤに合わせて、天板・脚部ともに塗装し、
 
 
ダイニングテーブル修理
完成したのがこちら!
・・・まるで新品のような仕上がりです!

形こそ同じですが、
 
食卓色落ち
この状態から
 
 
ダイニングテーブル塗装
この状態に。若返り度、120%!

きちんと修理することで、こんなにも美しく蘇ることができるのですね。
 
 
大切な家具、「こりゃもうダメだ・・・」と思っても、まだ道はあるかもしれません。
そんな時はぜひ一度、「家具クリニック」にご相談ください!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Sorry, the comment form is closed at this time.